THINK Global THINK Small
メニュー

Blog / ブログ

  • 採用ミスマッチ論議の危うさ

    近頃、行政・経済団体等の留学生関連セミナー・研究会に参加し感じることは留学生を欲する日本企業があり、日本企業に就職した留学生がいるにも関わらず、日本企業に就職を希望する留学生の約半数が、その実現には至っていないという論調が目立つこと。

    日本で就職ができなかった(しなかった)約半数は、
    日本での就職を軽く考えている方、日本企業で働く上での能力(ex.日本語)が劣る方、逆に日本企業に三行半を下した方(ex.母国・第三国就職)など様々です。

    単純な話、
    量的な需要と供給のミスマッチは生じておらず、魅力的な留学生がいないと感じる日本企業と、魅力的な日本企業がいないと感じる留学生と、いう質的ミスマッチが生じているように思います。

    となれば、
    出会う機会が増えたところで、解決する問題ではありません。魅力的であろうとも、入社後の運用が難しいという現実もあります。そもそも、必要性がないということもあるでしょう。そうした意味では、何らかの補助金を活用した施策は、効果を生み出すように思えません。

    ただ国など行政関連研究会にも参加していますが、
    これらの施策も、徐々にシュリンク傾向になると思います。それが正常な立ち位置になるのかなと感じています。

  • 声と笑顔で

    ということを、某街コンサルタントさんに言われたことがあります。講師のときって、内容もそうですが、これが大切と、気づかされました。

    大阪府関連事業にて留学生就職講座講師を行いました。留学生就職に関する講師業も、早10年近くになりました。2007年10月に初めて留学生向け講義(経済産業省関連)を行いましたが、中国人留学生とは何者?と、口下手も相まって、相当緊張したことを覚えています。

    その後も行政機関向け講義を数多く経験していますが、留学生よりも日本人の大人達の参加者(オブザーバー+事務局)が多いという、アンバランスな風景を何度も経験しています。学生以外を会場に聴講させないという語学講師も少なくなく、その煽りを受け、私のところに押し寄せるという感じだったと思います。後ろで聴講するのはいいのですが、足組んだり、どかっと座ったり、私よりも学生への「圧」が強い人も多く、??と思うこともしばしば。

    面白いことで、その圧がなくなると、学生もリラックスし、活発な論議になります。活発化する講義って、講師業の醍醐味です。

  • 採用ノルマ・内定ノルマというもの

    近年、外国人留学生を採用する場合、表立って公表するかはともかく、採用ノルマが存在する企業は少なくありません。部署からのニーズではなく、とにかく採用しようという考え方です。

    一方、教育機関でも同様のことが起ころうとしています。某機関の担当者は嘆くのですが、当人も契約社員であり、正社員になるためにも自らの「学内実績」が必要となります。

    そのため、日本で数年仕事を経験したい外国人も多いと割り切り(全員ではない)、ブラックかな?・在留資格取得できるかな?と思うような企業でも、就職さえすればいいと考えるようにしていると言います(本当はダメだけど)。

    もはや正しい情報を収集し、可能な限り正しい判断を持ち就職すると悠長な話は野暮なのかも知れません。どこでもいい。でも日本で働きたい外国人は、それでいいかなと思っています。ただ真面目に考えたい外国人留学生も数多く存在し、そのための理解促進は必要と思っています。

    では、どのような理解促進が必要なのか。外国人留学生からの声はボチボチご紹介していきたいと思います。

  • ステレオタイプ採用からの脱却

    ヨーロッパの子は、アニメ好きが多く、ダメだとか。採用担当者は、何ともステレオタイプな発言が多い。ロック好きだったらいいのかなと思ったりもしますが、全ては、日本語でコミュニケーションする中で、いわゆるオタクっぽい感じがみえることが嫌なのかと。

    そんなことよりも、某企業さん(部長級)は、日本人社員が欧州・米州の子(白人)に好意的、羨望的すぎ、調子乗ってしまうことが問題だ!と指摘します。ちなみに、この部長さん、海外畑30年という方ですが、今年採用に関わり、欧州の留学生に出会ったが、骨太すぎると感じたと。アニメオタクなどといった論調とは一線を画した目線に面白さを感じました。海外経験が長い人は、留学生と、現地の外国人(例:アメリカでのアメリカ人+外国人)を比較し、かつ日本企業でのフィット感(部門からのニーズだけではなく)を考慮した上での言葉に面白さがあるなと。

  • 外国人留学生対象就職塾開講します

    今年も大阪・神戸・京都で、外国人留学生を対象とした就職塾開講します。おかげさまで、6年目を迎え、毎年参加者が増加しています。毎年変化する就職活動環境です。採用の第一線に立つ講師陣が、生の声を提供します。高度日本語力は必須要件。各社、採用要件、配属部署の考え方など様々ですが、真面目に頑張り、信頼を得る力も必要と考えています。就職塾に加えて、外国籍社員などを招いた企業研究セミナーも開催しますので、ご期待ください。

    詳細:http://lands-navi.com/info/careerschool/

22 / 23« 先頭...10...1920212223
このページのトップへ