THINK Global THINK Small
メニュー

Blog / ブログ

  • ステレオタイプ採用からの脱却

    ヨーロッパの子は、アニメ好きが多く、ダメだとか。採用担当者は、何ともステレオタイプな発言が多い。ロック好きだったらいいのかなと思ったりもしますが、全ては、日本語でコミュニケーションする中で、いわゆるオタクっぽい感じがみえることが嫌なのかと。

    そんなことよりも、某企業さん(部長級)は、日本人社員が欧州・米州の子(白人)に好意的、羨望的すぎ、調子乗ってしまうことが問題だ!と指摘します。ちなみに、この部長さん、海外畑30年という方ですが、今年採用に関わり、欧州の留学生に出会ったが、骨太すぎると感じたと。アニメオタクなどといった論調とは一線を画した目線に面白さを感じました。海外経験が長い人は、留学生と、現地の外国人(例:アメリカでのアメリカ人+外国人)を比較し、かつ日本企業でのフィット感(部門からのニーズだけではなく)を考慮した上での言葉に面白さがあるなと。

  • 外国人留学生対象就職塾開講します

    今年も大阪・神戸・京都で、外国人留学生を対象とした就職塾開講します。おかげさまで、6年目を迎え、毎年参加者が増加しています。毎年変化する就職活動環境です。採用の第一線に立つ講師陣が、生の声を提供します。高度日本語力は必須要件。各社、採用要件、配属部署の考え方など様々ですが、真面目に頑張り、信頼を得る力も必要と考えています。就職塾に加えて、外国籍社員などを招いた企業研究セミナーも開催しますので、ご期待ください。

    詳細:http://lands-navi.com/info/careerschool/

  • 持続的採用へ

    中国人は、勝手に応募してくれるので、困っていないという企業ほど、外国人(中国人含む)育成について課題を感じていることが伺えます。勝手に応募する中国人の能力はいかがなものか?企業の外国人採用能力はいかがなものか?という観点が欠落しています。(外国人採用自体、その論議をするまでもないかも知れません・・・)。

    その企業に勝手に応募した人材のレベル感は、その企業の規模感や知名度によるものが大きいため、残念ながら中規模レベルの企業群に、勝手に応募した人材レベル(練習として応募は別)は、以前と比べ日本人のそれよりも低い傾向になりつつあります。やはり、ワンランク上を目指したほうが良いと感じます。ただ、社長・役員さんの意向によるものが大きいのですが、スペック上、トゥランク上を目指すと、それはそれで難しい。そのような企業群は、海外大卒に目が眩みます。海外大卒の子は、国内留学生以上に、さらにブランド力ある企業に目が向くため、そっぽ向かれます。海外大卒といっても多様であり、そのレベルなら国内留学生にいるのに、ということもあるため、要注意です。

    ただ海外から直輸入型人材を採用すること自体を目的とし、それはそれで、採用時点では大満足ということも大いにありです。

    何を危惧するかというと、海外採用で、大きなコストをかけ、有名な大学の外国人を採用し、あまり機能しない、思ったほどではない、トラブル多い、あっという間に辞めてしまうなど、ネガティブ要因が重なると、外国人採用自体、休息傾向になり、何ともしがたい状況になります。

    義務的採用から、持続的採用へ。

22 / 22« 先頭...10...1819202122
このページのトップへ