THINK Global THINK Small
メニュー

Blog / ブログ

  • 大阪府・国際化戦略アクションプログラム講演を開催

    大阪府・国際化戦略アクションプログラムにて講演を行いました(10月6日)。

    第一回目は15名程度の留学生に参加いただきました。

    1)10年間、この仕事に従事してきた経験を生かし、時系列、日々変化する採用環境両面からお話しました。いつの間にか日本語教育機関の外国人も留学生総数に加わり、いつの間にか特定活動ビザで就職した外国人も就職者数に加わり、上昇カーブを描く統計データをつくられている現実もお話しました。日本語教育機関の外国人も留学生であり、特定活動ビザで就職した外国人に就職者に変わりないのですが、しらっと定義が変わっていくさまは刮目してみるべき。

    2)高度人材という言葉はナンセンス。学生レベルで高度人材である外国人は皆無であり、高度人材予備軍として、企業にどのように貢献できるか。何を求められているのか、留学生も考えて欲しいと思います。

    3)留学生就職市場は、補助金に群がろうとする支援者たちが多く存在し、需要以上の混沌さを招く可能性があり、肩の力が抜けてきた私としては、大変だなと感じています。混沌する中で、つくづく、留学生には見極めるセンスとブレない力が必要と感じています。

    関西から発信です!!

  • 原点回帰

    何故、僕のところに留学生が来ていただけるかと思うと、

    第一に、ある塗料メーカーに入社した立命館大学韓国人に言われましたが、他社人材会社さんは「留学生=お金」としか考えておらず、それを感じた友人たちを大隅さんに紹介していたんですと。

    第二に、キャリアセンターなどに通っても大手企業、有名企業ありきのアドバイスだけ。中堅という曖昧な存在の明確化、中小企業のメリット・デメリット、自営業の魅力・理解(留学生は以前より減少傾向といえどもご両親が自営の方も多い)、スタートアップの難しさなど含めお話できることの差別化と、マイノリティや弱者の目線に信頼性があったことと思っています。

    近年、外国人留学生の採用仕事が増加し、所謂大手企業さんからの依頼も多くなりました。ちかごろ、学生時代から知る外国人が転職したいという場合に、ついつい、それら企業群への転職案件をご紹介しました。結局、そこじゃないんですね。僕には、それらの企業案件への期待だけではなく、独立心を持って頑張れる企業や、アドバイスを望まれていることを再認識しました。

    原点回帰です。

    ここ二年程度の留学生をみると、第一への感受性、第二への期待度が希薄になっている印象です。この言葉にできない差異が、企業の留学生採用への食傷感につながっているのかなと思っています。

  • 大学コンソーシアムひょうご神戸にて講演

    先週土曜日、毎年恒例大学コンソーシアムひょうご神戸にて講演を行いました。長く強く関わってきた団体で、本音の言える仲です。そのため表面的ではなく、実態に即したお話しができます。参加者は団体のインターンシッププログラムに参加する留学生で、例年真面目な子が多い印象です。今回は留学生の就職問題を、社会経済環境、新卒採用環境、留学生採用環境と多面的にお話しし、熱量の変化について言及しました。

    行政・人材会社・マスコミ等の情報に踊らされず、一年先輩の情報を鵜呑みせず、それぞれの身の丈にあった就職活動を、LOCK ONする姿勢を、当たり前としての高度日本語力を、お伝えしました。採用企業情報や具体的な進め方以上に、今のうちに「根っこ」の部分を大切してほしいと思います。

  • 今年は「大不作」。

    各社の留学生評価です。各社、例年にないほどレベル感の低さを感じたようです(実際、留学生の採用数を減らしています)。就職活動情報が少ない、日本語能力が低いといったレベルの話ではなく、暖簾に腕押し感を抱いた企業も少なくありません。特に留学生のマジョリティである中国・韓国人にその傾向が強く、逆に医療機器メーカーの部長さんが指摘するように東南アジアの留学生は売り手市場の影響か横柄さを感じたといいます。

    留学生の実態は、東京志向に加えて、じわじわと低下する学力・マインド力は看過できない問題です。特に留学生増加を掲げる大学群に在籍する留学生の質感低下は、もはや避けられそうにありません。日本で有名な大学にも疑問符が付く留学生が多く在籍し、本人が意識的かどうかはともかく学歴ロンダリング状態になっていることも。

    一般的に大手企業のほうが内定しにくいようですが、留学生の場合、日本での学歴が前提ですが、採用数や国籍により内定を勝ち取りやすいことも。特に首都圏企業は、さくっと採用される場合があります。日本語が堪能という以上に、その組織に在籍する日本人社員とよりよい関係を築く価値観を持つ人材に偏った企業もちらほら。

    一方、中小企業は早期の戦力化を期待する傾向もあり、大手企業より求めるスキルが高くなりがち(希少国籍含め)。そのあたりは、何となく察知している留学生も多く、業種問わず(これがやりたい!というものもないので)、新卒採用数の多い大手企業に、こそっと内定・入社することを目標として就職活動を行う、その空気感に、そろそろ食傷気味になる企業が多くなることは、仕方がないことかなと思っています。

    今年、不作元年になるのか、谷間世代となるのか、来年の留学生の頑張り次第です。期待しています。

  • 外国人留学生のための合同企業面談会開催

    大学コンソーシアムひょうごひょうご神戸、兵庫県国際交流協会との共催による外国人留学生のための合同企業面談会を開催しました。16社の企業様にご出展いただき、説明会+面談会を開催しました。意識高い学生、準備不足の学生と様々でしたが、国籍の多様性など一定の成果を得たかと思っています。さあ、今から頑張りましょう!

22 / 30« 先頭...10...2021222324...30...最後 »
このページのトップへ