THINK Global THINK Small
メニュー

Blog / ブログ

  • 丁寧な講義について

    私、丁寧な講義と言われています。丁寧とは思いません。言葉は大阪弁ですし、比較的乱暴な物言いです。単に、丁寧ではなく、留学生就職の経験・ノウハウがあるだけと思います。文系・理系問わず、規模問わず、何でもお話できます。講義中も、外国人のマジョリティ(例えば中国)に偏ることなく、その都度マイノリティな方々への配慮も怠りませんし、ダメなものはダメというお話もします。より現実的なお話を本人がイメージしやすいよう伝えています。
    就職以外でも、融資の仕事、デザインの仕事、まちづくりの仕事、薬局の仕事もやってきたので人材会社っぽい感じではなく、多面的なお話ができます。自身の肩書き以上に、様々なリソースを抱えているので、いざ付き合えば、留学生の表現の違いはあれど、日本人サラリーマンとは異なる特徴的な情報・目線を持っているようです。さらにいえば、自分がそのような人間なので、そのような人間は他にもいるだろうと思い、真っ直ぐに人を見るようにしています(100%ではないけど)。
    これが、丁寧という言葉につながっていくかも知れません。

  • 外国人留学生就職活動セミナーを開催しました(桃山学院大学)

    本日、桃山学院様で外国人留学生向け就職活動セミナーを開催しました。いつも通り、本音ベースで楽しくお話しすることができました。

  • 外国人留学生就職活動セミナーを開催しました(大阪府立大学)

    本日、大阪府立大学様で外国人留学生向け相談会および就職活動セミナーを開催しました。相談会&セミナーという強行スケジュールでしたが、楽しくお話しすることができました。本当に有難うございます。中国、台湾、ベトナム、フランスの留学生に参加頂きました。

    2015-12-14 15.11.46

  • 日本人学生向け最終講義終了(龍谷大学)

    今期龍谷大学、日本人学生向け最終講義。永年のお付き合いである元官僚、元政治家、現在中国の日系企業役員を務める方を招き中国で働くと題してお話頂きました。爆買い含め身近な存在である中国に対して、学生からは予想以上の鋭い質問があり時間を超過した白熱講義となりました。今回は小生が日本企業での外国人採用登用の現状をお話し、一方外国で働くことの面白さや難しさを、アメリカ編、中国編としてそれぞれゲストスピーカーからお話頂きました。今回は時間制約上、異文化とは何ぞ?という深掘りが出来ませんでした。このあたりはキャリアと結びつく話と考え、次回への課題です。参加頂いた学生、スピーカーの方々有難うございました。

  • 外国籍社員との車座懇談会を開催しました

    大学コンソーシアムひょうご神戸主催による外国籍社員との車座懇談会を開催。大隅はコーディネーターを担当しました。例年、学生時代から知る日本で働く元留学生を講師として招き、日本企業で働く中での経験談をお話し頂きました。

    勤務先から指令を受けてのお話ではなく、個人での参加のため、本音(多少の配慮もあり)でのお話頂きました。非常に多忙の中、資料も作成頂き、本当に有難うございました。

    就職活動序盤戦は、どうしても大きな企業(目安:売上高1兆円企業超)に目が行きがちです。これらの企業群に入社する要素は決して頭の良さだけではありませんが、様々な採用文化・組織文化が絡み合い、入社は容易ではありません。

    ただ近年、留学生採用枠の多さや厳命の強度により、一定以上のスペックがあれば、留学生本来の能力以上に大きな企業に入社できる可能性もあります。

    そのため、「あわよくば」という価値観が生まれることは、致し方がないことと思います(国立大学の留学生に、この現象があります)。

    ただ折角の就職活動です。日本の企業群を知るだけではなく、良い面・悪い面ふくめ日本社会を学ぶ良い機会です。縦にも横にも視野を広げる良い機会です。期待しています。


    実直なお話に好感、劉くん(中国)


    オブサーバーの元大手企業の重鎮を驚愕させた金くん(韓国)

    予定調和を好まない馬くん(中国)


    真摯に目を傾ける留学生の方々

20 / 22« 先頭...10...1819202122
このページのトップへ