THINK Global THINK Small
メニュー

Blog / ブログ

  • 模擬面接会(4月開催分)終了

    今週、4月29日にて模擬面接会(4月開催分)も終了です。これまで計5回開催し、32名の留学生が参加しました。企業の面接会も開催しましたが、昨年と比較し選考時期が早まった影響か、熟成度が足りない印象を受けました(純粋に若いなーと感じる留学生が増加かも)。日本人学生の売り手市場が影響を受けているのか、のんびりした印象です。5月初旬〜中旬に面接・面談が少ない方は要注意です。

  • 専門商社説明会&面談会開催

    昨日、専門商社長瀬産業様の留学生限定セミナーを開催。説明会&懇親会パーティー形式となりました。4月中旬、そろそろ疲労が蓄積する時期です。是非、一踏ん張りというところです。

    DSCF0086
    DSCF0093 

  • 化学素材メーカー説明会&面談会開催

    昨日、化学素材メーカー株式会社カネカ様の説明会&面談会を開催しました。事務系のみ合計28名、ドタキャンもなく全員出席となりました。企業担当者は全員出席に驚いていましたが、ランズらしさの特徴です。

    今回は全員N1取得が要件だったため、中国、韓国、インドネシア、スペイン、イギリス、ドイツの方に参加頂きました。私たちは、関西圏は留学生の供給量も少ない現状も踏まえ、また私たちと直接お会いする方々を中心に来ていただくことがコンセプトのため、参加者数は限定的です(数を集めればいいわけではなく)。

    今年の留学生は相当エントリー範囲が限定的です。特にメーカー志向の方、少し心配です。

    DSCF0077 DSCF0082

  • BCC返信力

    今年、1989年生の中国人・学部生が多い印象です。留学生は私立大学を中心に比較的低年齢化が進んでいたため、関心深いです。回り道の方も多いのですが、1980年世代最後の人材として丁寧な言動に期待したいと思います。

    仕事上、顔の見える関係の留学生にBCCでメールを送ることがありますが、そのメールに対して返信する留学生は1980年世代。年々その行為をする留学生は減少していますがセンスの良い子は、BCCといえども折見て返信します。BCCといえども50~100名程度へのメールのため、その具合(誰に習ったわけでもなく)を考慮し返信しているのだと思います(もしくは天然か)。

    近頃、留学生の面談があります。以下のような御礼メールを頂いています。私のところに来る方は就職活動環境に違和感を持ち、周囲の留学生の超大企業思考(売上高1兆円超企業をいう・でもニトリも超大手企業という感覚)に食傷気味になっている方が多いかも知れません。

    今日は長いお時間をいただき、また、貴重なお話やアドバイスをいただいて、いい勉強になりました。心から感謝します。自分の就職の「戦略」を真剣に考えながら、就活を頑張っていこうと考えています(私立・中国人・女性)。

    今日はいろいろ貴重なアドバイスを頂いて、大変勉強になりました。モチベーションも高まりました。ありがとうございました。またよろしくお願い致します(国立・中国人・男性)。

  • 外国人留学生対象合同企業説明会「ランズジョブフェア 2017」終了

    2016年3月16日(水)(会場:ブリーゼプラザ小ホール)、外国人留学生向け合同企業説明会「ランズジョブフェア」を開催しました。関西地区は留学生イベント乱立などから昨年より全体参加数は減少しましたが、就職塾参加者を中心に質感の担保はできたかと思います。

    参加留学生からは、
    ・担当者との距離が近く、非常に聞きやすかった。
    ・主催者から強引に誘導されることもなく自分のペースで動けた
    ・コートを着たままの留学生が少なく良かった。
    ・説明中にブースを立ち去る留学生がいなかった。
    といった声が多く、好評を得ました。

    主催者としては当日の盛り上がりには関心はなく、数多くの留学生が内定・入社することが最大の目的のため、引き続きサポートを行います。ご参加頂いた方、ご協力頂いた関係者の方、お礼申し上げます。

    P1050207
    P1050206

このページのトップへ