THINK Global THINK Small
メニュー

Blog / ブログ

  • 人手不足への解決策?

    高度外国人採用についてお話しました。私たちが出会う外国人は、個人的には全員が高度人材という認識はありませんが、世の中ではそのような認識です。しかし当然のことながら、地域中小企業の中には業種問わず、アルバイト含め慢性的な人手不足を解決するための外国人雇用に関心があるかと思います。留学生には特にここ1〜2年はインバウンド消費に対応した「割のいい」アルバイトが多く、少し苦労するアルバイトは不人気です。最もビジネスセンスのある留学生は、留学生の大学院受験のスクールの講師を行ったりします。
    仕事上、そのような人手不足を解決するための外国人雇用の相談は受けますが、日本語が必要な職種の場合、外国人雇用が解決策にはならず、そもそも日本人が敬遠する仕事は、留学生も敬遠するという現実を突きつけられるかも知れません。技能実習生制度もありますが職種が限定されており、そもそも趣旨が違います。労働力減少が叫ばれる、人手不足→外国人雇用の考え方は手取り早いのですが、少し冷静に考える時期かも知れません。

  • 丁寧な講義について

    私、丁寧な講義と言われています。丁寧とは思いません。言葉は大阪弁ですし、比較的乱暴な物言いです。単に、丁寧ではなく、留学生就職の経験・ノウハウがあるだけと思います。文系・理系問わず、規模問わず、何でもお話できます。講義中も、外国人のマジョリティ(例えば中国)に偏ることなく、その都度マイノリティな方々への配慮も怠りませんし、ダメなものはダメというお話もします。より現実的なお話を本人がイメージしやすいよう伝えています。
    就職以外でも、融資の仕事、デザインの仕事、まちづくりの仕事、薬局の仕事もやってきたので人材会社っぽい感じではなく、多面的なお話ができます。自身の肩書き以上に、様々なリソースを抱えているので、いざ付き合えば、留学生の表現の違いはあれど、日本人サラリーマンとは異なる特徴的な情報・目線を持っているようです。さらにいえば、自分がそのような人間なので、そのような人間は他にもいるだろうと思い、真っ直ぐに人を見るようにしています(100%ではないけど)。
    これが、丁寧という言葉につながっていくかも知れません。

  • 外国人留学生就職活動セミナーを開催しました(桃山学院大学)

    本日、桃山学院様で外国人留学生向け就職活動セミナーを開催しました。いつも通り、本音ベースで楽しくお話しすることができました。

  • 外国人留学生就職活動セミナーを開催しました(大阪府立大学)

    本日、大阪府立大学様で外国人留学生向け相談会および就職活動セミナーを開催しました。相談会&セミナーという強行スケジュールでしたが、楽しくお話しすることができました。本当に有難うございます。中国、台湾、ベトナム、フランスの留学生に参加頂きました。

    2015-12-14 15.11.46

  • 日本人学生向け最終講義終了(龍谷大学)

    今期龍谷大学、日本人学生向け最終講義。永年のお付き合いである元官僚、元政治家、現在中国の日系企業役員を務める方を招き中国で働くと題してお話頂きました。爆買い含め身近な存在である中国に対して、学生からは予想以上の鋭い質問があり時間を超過した白熱講義となりました。今回は小生が日本企業での外国人採用登用の現状をお話し、一方外国で働くことの面白さや難しさを、アメリカ編、中国編としてそれぞれゲストスピーカーからお話頂きました。今回は時間制約上、異文化とは何ぞ?という深掘りが出来ませんでした。このあたりはキャリアと結びつく話と考え、次回への課題です。参加頂いた学生、スピーカーの方々有難うございました。

20 / 22« 先頭...10...1819202122
このページのトップへ