THINK Global THINK Small
メニュー

Blog / ブログ

  • 外国人留学生対象採用セミナー開催

    昨日外国人留学生対象採用セミナーを開催しました。企業の外国籍社員および採用担当者、就職活動を経験した現役留学生(中国・韓国)にご登壇頂きました。33名・19ヵ国の外国籍人材にご参加頂きました。参加企業の方のお話が印象的です。「これだけ多国籍な方にお会いできれば、採用ニーズありきではなく、その国籍の特性を生かした事業を考えるほうが良いのでは」と。この目線の時代に入ったように思います。中国人留学生の参加が極端に減少しており、今回の参加比率は20%弱。各大学のキャリアセンターご担当者の方も同じ見解のため、冷静に分析する必要があると感じています。
    IMG_2044

  • 中国人留学生の変化

    今週神戸開催の外国人留学生採用セミナー。各社の中国籍社員を招くのですが中国人留学生の申込比率15%弱(例年60%程度)。中国人留学生を取り巻く環境(母国・就職・個人環境など)が複雑化している印象です。

  • 外国人留学生のための企業研究セミナー終了

    土曜日開催。ウクライナ、韓国、マレーシア、中国の方々が参加。留学生ではありませんが、中国ルーツの学生の方も参加。半分が情報、高分子、有機化学、バイオの理系、半分が文系と、国籍・専門分野が多岐に渡った参加者です。前半企業研究、後半模擬面接の3時間コースでしたが、ヘトヘトながらも有意義な回となりました。3月も開催します。

  • 日本語学校での就職活動セミナー開催

    昨日日本語学校で講義。今年一番楽しい講義でした。韓国、台湾、シンガポール、タイ、インドネシア、ブラジルの留学生が参加。ある程度、母国の大学も一定レベルの方は、どの教育機関に所属していようが、適切な価値観を持っていますね(日本語は弱くとも、理解が高い)。今年は外国人仕事10年の中で、最も動きが遅いと感じていますが(押し付け型就活に食傷気味というのもあるでしょう・日本よりも母国という人も多いでしょう)、その中で、もしよければ、日本で働くことを選択肢の一つにしてほしいと思っています。

  • 就職塾(大阪)2回目終了

    今回は中国・台湾・マレーシアの方が参加です。東京五輪に関わる仕事がしたいという方も。国籍・専攻による日本語力・採用傾向が異なることを理解してしまえば、就職活動は意外に走り出しやすい。そこで自信をなくす・恐くなってしまうのではなく、視界が広がるという目線が大切です。

    国籍・専攻のみならず、異なる大学の方々とともに講義をうけ、日本語で話をして、日本語テストも受けると、身の丈を理解し、成長の感覚が磨かれていくように思うんです。

    年明けも開催です(1月開催)→こちら

2 / 2212345...1020...最後 »
このページのトップへ